AGA治療で発毛コンプレックスに終止符【もう髪で悩まない】

男性

詳細と注意点

医者

より効果の得られる

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性の脱毛の原因は長い間特定されていませんでしたが、近年、長年の研究により男性ホルモンが大きな原因の一つということがわかりました。AGAの治療方法としては、対応している病院の皮膚科で行う方法と、専門の病院で行う方法があり、共通の治療方法としてはフィナステリドを主成分とした飲み薬の処方があります。フィナステリドは、元々は前立腺肥大症の患者に処方されていた治療薬でしたが、薬を処方された患者の体毛が濃くなる症状が見られたため、AGA治療薬として用いられるようになりました。同様に、AGAに治療効果が認められている治療薬としては、ミノキシジルを主成分とした塗り薬があり、フィナステリドと併用することで、より効果が得られることが確認されています。一般の病院の皮膚科では塗り薬は処方されないので、薬局で購入しましょう。

個人輸入のデメリット

日本国内の薬局ではフィナステリドを主成分とした治療薬の購入はできないため、AGA治療は病院の皮膚科で受けるのが一般的です。ただし、海外では個人でも購入が可能なため、日本国内でも個人輸入の代行業者を介して購入することは可能です。病院の皮膚科で治療を行うと健康保険が適用されないため、治療費は1か月あたり約1万円となり、AGA専門の病院で治療を受けると、1か月あたり約3万円の治療費がかかります。一方、個人輸入の代行業者を利用した場合、1か月あたりの治療費は約4千円となるため、利用者が増加しています。ただし個人輸入の代行業者の場合、利用は自己責任となり、万が一副作用が発生しても保証を受けることはできません。AGAの治療薬はあまり副作用は強くありませんが、デメリットは理解しておきましょう。

Copyright© 2015 AGA治療で発毛コンプレックスに終止符【もう髪で悩まない】All Rights Reserved.